ヤミ金から借りる

ヤミ金でもいいから借りたいという理由には、パチンコやパチスロや競馬やボートレースなどの軍資金をその施設の近所の消費者金融に融資してもらっていたけど、限度額を超えてしまったりブラックリストに載って借り入れを断られるなどがあります。
他にも彼女が出来て、デートの資金を借りようとしたら、普段融資を受けていた消費者金融の営業時間外で融資を受けられないなど色々な理由が存在します。
そういったピンチの時には、人はヤミ金でもいいから借りたいという考えに至ります。
ヤミ金業者から融資を受けるメリットは、多重債務で限度額を超えたり、借金の返済を遅れてブラックリストに掲載された人や、収入が無かったり不安定な主婦や無職や学生であっても融資を受けられる事です。
それ以外にも審査がその場の担当者のカンや独自の裁量で行われ、結果が出るのが早く即時に融資を受けられるはやさもメリットです。
だから必要になった時には、まるで自分の財布のようにお金をすぐに借りられます。
だけどデメリットもあって、融資を受けられる金額は、一般的な消費者金融などに比べると少ないです。
それに加えて、法定金利を超える違法な業者も存在するので注意が必要で、返済を滞った場合には取りたても働き先や実家などお構いなしにかなりハードに行われます。

お金を借りたいとき、ヤミ金の手口

コロナによる影響で、収入が少なくなる中でお金を借りたい人が増えています。
通常貸金業から借りる場合は、返済能力の確認をするため一定以上の額を借りることはできません。
また別の貸金業者から借りようとしても、借りることができないような仕組みになっています。
一方で一部には、返済を借金をすることで行おうとする人がいてそのような人たちをターゲットにしているのがヤミ金と呼ばれる違法な業者や集団です。
特徴としてはSNSや掲示板で「お金に困った人、即融資できます」など甘言で誘い、法定を超える利息を支払うことを強要されたり中には着手金と称してお金を振り込んだら音沙汰が無くなるという詐欺まがいのものもあります。
貸金業を営むためには、自治体への届け出が必須でそれ以外の業者が営むことはできません。
本当にお金に困っている人は、貸してくれる場所が無いかを探して必死になり思考が停止してしまいがちです。
そうならないために日ごろから一定以上の貯蓄を行い、にっちもさっちもいかなくなってしまった場合はNPOの公的団体や自治体の相談窓口に行くことをおススメします。
万が一ヤミ金から借りてしまった場合は、警察や弁護士などに相談することも大切です。

即日融資をうたうヤミ金

ヤミ金とは「闇金融」の略称です。
金融業を営むためには、通常であれば国や都道府県に届け出を出さなければなりません。
闇金融の場合はその届け出や登録をせず、審査なしの即日融資を行いながらも法外な高金利を行います。
こうしたヤミ金業者が無くならないのには、理由があるのです。
ヤミ金がターゲットとするのは、金策に困った多重債務者や中小企業など、即日融資が必要となる人々が多く、中には破産者も存在します。
こうした人々は、通常の金融業者からお金を借りることが出来ません。
そのため、ヤミ金の即日融資のお金に飛びついてしまうのです。

ヤミ金はダイレクトメールや電話で即日融資を持ち掛け、約束してきます。
お金が苦しい人々にとっては切実な問題ですが、ヤミ金業者からはお金を絶対に借りてはいけません。
一度ヤミ金業者から借りてしまうと、法外な利息を請求されたり、恐喝や恫喝などで苦しむことになります。
紹介屋・買取屋・チケット金融と名称を変更して融資を持ちかけることもあるのです。
もし、即日融資を彼らが持ちかけてきた場合は、最寄りの警察署や交番・駐在所にすぐに相談しましょう。
警察の生活安全課などが彼らを取り締まることが出来ます。
安全相談係に電話で相談することも可能です。

優しいヤミ金の狡猾な手口とは

優しいヤミ金と言われている「ソフト闇金」は、従来のヤミ金より接客態度が良く、取り立ての際の恐喝や恫喝がないと言われています。
そのため、多重債務者や他の金融業者からお金を借りることが難しい消費者が飛びつきやすい傾向にあるのです。
ですが、優しいヤミ金・ソフト闇金と言っても闇金業者であることは変わりありません。
違法な高金利を設定し、回収が難しいと判断した場合は厳しい取り立ても行われます。
優しいヤミ金という言葉に惑わされてはいけません。
彼らの目的は、消費者との信頼関係を構築することで、長期的な取り立てを可能にすることにあるのです。

近年、優しいヤミ金はWEBサイトやダイレクトメールで顧客を増やしています。
中には優しいヤミ金業者が「整理屋」と称して悪徳な弁護士や司法書士を紹介し、さらに金利を得るパターンもあるのです。
返済さえすれば問題ない、と考える消費者も多いですが、一度関係を持ってしまうとしつこく追加の融資を進めてくることがあります。
断り切れず、再度融資を受けたときに返済に困ってしまえば、闇金業者の思うツボになるでしょう。
優しいヤミ金業者への対応に困っているときには、速やかに最寄りの警察署の生活課に相談をするべきです。

申込みはこちら

ソフト闇金

おすすめの記事