一般的に信用情報に問題があるとブラックリストに載った状態になってしまい、新たに借入するのが難しくなってしまいます。
公的な融資を受けにくくなるだけでなく、クレジットカードの新規作成なども困難になるでしょう。
ブラックリストに載る条件としては、カードローンの返済が滞ったことや携帯電話の支払いが遅れたことなどが考えられています。
いったん名前が記録されてしまうと、能動的にそれを消去してもらう方法はありません。
時間の経過によって消えることを待つしかないというわけです。

具体的な期間は信用機関によって異なるので注意しましょう。
5年のところもあれば、10年待たなければならないケースもあるのです。
10年というのは自己破産したような極端な場合で、わずかな支払の遅延程度であれば1年で解ける場合もあります。
いずれにせよ、その間に資金調達が必要になれば、基本的に他の方法を考えなければなりません。
貸してくれる金融機関もありますが返済能力の審査は通常より厳しくなります。
したがって、資産売却やファクタリングなども視野に入れたうえで臨まなければなりません。
信用情報に不安がある人に向けて、事前に調査してくれるサービスも存在します。

延滞でブラックリストの載った人でも借りれる金融機関

銀行や消費者金融などの金融機関から借りたお金を、決められた通りにきちんと返済できず延滞を繰り返したり、返済不能に陥ってしまったりした場合は、ブラックリストに載せられてしまいます。
ブラックリストに載せられてしまうと、その情報はすべての金融機関が知ることとなり、しばらくの間お金を借りることができなくなってしまいます。

しかし、ブラックリストに載ってしまった人でも借りれる奥の手はあるものです。
もちろん、悪質な闇金のようなものではなく、ちゃんとした消費者金融を通してです。
確かに、銀行関係はもともと審査に厳しく、ブラックリストに載ってしまうとお金を借りることは難しいです。
また大手の消費者金融も最近は多くの場合銀行と提携しているために、簡単ではないでしょう。

ところが中小消費者金融などでは、審査をゆるくしていることが多く、ブラックリストに載ってしまった場合でも、お金を融資してくれることが少なくないのです。
ブラックだからといってお金を貸してはならないという法律があるわけではありませんので、中小の消費者金融は多少リスクがあっても積極的にお金を融資しようする傾向があります。
実際にブラックでも審査に通ったという情報をネットで調べることができのでチェックしてみることをおすすめします。

ブラックでも融資okな会社

金融ブラックになってしまったら、闇金以外に融資してくれるとこはないのではないかと考える人は少なくありません。
ですが、実は闇金以外にブラックになってしまった人でも安心してお金を借りる方法は存在するんです。
大手消費者金融会社やクレジットカード会社、銀行などの金融機関は厳格なキャッシング審査が避けられないため、ブラックでは融資を受けることは出来ません。
しかし、街金と呼ばれる中小消費者金融会社であれば、融資を受けることが出来る場合があります。

中小消費者金融会社は、一般的に大手の消費者金融会社や銀行と比べるとカードローンの審査が甘いと言われています。
また、中小消費者金融会社は大手とは異なる独自の審査基準を設けている場合が多いです。
大手の会社では過去の借り入れ実績や返済状況を重視しますが、街金では現在の返済能力を重視する傾向にあります。
なので、現在返済能力のある方であれば融資を受けられる可能性は高いでしょう。
ただしブラックokとは言っても街金も融資を行う金融機関である以上、貸倒れだけは何としても避けたいところです。
そのため、申込内容や申請者の勤務先などの詳しい調査に時間がかかってしまう場合があります。

ブラックリスト入りでも融資は可能

普段からカードローンを利用しているという方は多いですが、中には多重債務者や返済が出来ずに延滞中でブラックリスト入りしてしまい、カードローンで融資を受けられなくなってしまったという経験のある方も少なくありません。
カードローンの支払いで延滞したり、金融事故を起こしている場合新しい申込が出来ないこともあるのですが、融資が受けられる消費者金融はあるのか知りたいという声も多いです。

基本的にブラックリスト入りの方であっても、現在他社の借入が延滞状況になっていないことや、現在債務整理中という状況であっても延滞などを行わずに返済を行っているなら、融資が受けられる可能性は十分にあり、柔軟な審査を行っている消費者金融会社を探すようにしましょう。

こういった柔軟な対応をしてくれる消費者金融会社の多くはインターネット申込に対応しており、24時間365日いつでもどこからでも申込が可能で、来店不要でお金を借りることが出来ます。
消費者金融会社を選ぶ際には、自己破産や債務整理をした人でも審査対象にしていることを記載していたり、現在の生活状況で延滞事故や法的な回収事故がなければ審査対象としているか確認することが重要になります。

おすすめの記事